ひまわり

ひと気のない田舎道を車で走ってて
午後の日射しの中に
昔ながらの背高のっぽなひまわりを見つけると

テンション上がるね
(イトウヤスジロー夏の詩集より その3)