読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャックベリーさんのやり方

チャックベリーさんの興行のやり方。

あらかじめギャラの半金を振り込んでもらい、当日、会場に着いてから残りの半分を直接、受け取る。

呼び屋には、バックバンドも用意させる。

そして、自分で運転して(!)、遠いところなら鉄道で、でもとにかくひとりで、ギター一本だけ持って、現地へ行く‼︎

さてバックバンドだが。

その腕には全く無頓着だったようで。

3コードがやっと弾けるような連中ばかり。

だからチャックさんのステージは、レベル的にはかなり低かったらしい。

ライブ=ビジネスって割り切ってたのかな。

チャックさんを崇拝するキースリチャーズさんは、その件に関してかなり心を痛めていた。

チャックさんが60歳になったとき、最高のバンドをバックに演奏させてやろうと考えた。

自らもギターを弾き(リハで「コード進行が違う!」と怒られながら)。

その模様を描いたのが、映画「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」である。

(ラジオ番組でのピーターバラカンさんの話より)